ここから本文です。

【2024年】「初午ってなに?」初午の「意味や由来」、いなり寿司を食べる理由

「初午(はつうま)」をご存じですか? 聞いたことはあるけど何の日かよくわからない、という方も少なくないかもしれません。そこで今回は、「初午の意味と由来」「料理」「初午はいつ?」についてご紹介します。

最終更新日:2024.1.30

目 次

「初午」の意味と由来

狐の像

PIXTA

初午(はつうま)とは、2月の最初の「午(うま)の日」をさし、稲荷神(いなりしん)のお祭りが行われる日です。

稲がなることを意味する「いなり」から、五穀豊穣や商売繁盛、家内安全を祈願して、各地の稲荷神社でお祭りが行われてきました。

旧暦の初午はもう少し春めいてきた時期。暖かく参詣に適した時期に、豊作を願って稲荷神社に参拝する習慣ができたようです。

稲荷神(いなりしん)は農業や商業の神様として崇敬されてきました。その神の使いが「狐」。狐の好物が油揚げであることから、初午には、「油揚げ」や「いなり寿司」を奉納するようになったそうです。

2024年の「初午」はいつ?

稲荷神社

PIXTA

初午は、2月の最初の午の日とされているので、毎年日にちが変わります。日にちが決まっているひな祭りなどの行事に比べると認知度が低く、気づかぬうちに終わってしまったなんてこともあるかもしれませんね。

2024年の初午は2月12日(月)です。
この日にいなり寿司を食べて、家内安全をお祝いするのも良いですね。

「初午」の料理と食べる意味とは?

三角のいなり寿司

PIXTA

いなり寿司

初午の定番料理といえば、狐の好物の「油揚げ」や「いなり寿司」。

東日本では、いなり寿司と言えば米俵に見立てた俵型が一般的ですが、西日本では狐の耳にちなんで三角型が主流だそうです。家族みんなで油揚げに酢飯を詰めていなり寿司を作るのも、楽しいイベントになりそうですね。

初午団子

初午には、蚕の神様を祭る行事も行われていたそうです。繭がたくさんできることを願って、繭の形に似せて作ったお団子をお供えしていたとか。食べる際は、繭にシミがつかないようにと、醤油をつけずに食べたそうですよ。

しもつかれ

「しもつかれ」は、栃木県を中心に北関東で食べられる郷土料理です。鮭の頭、鬼おろしですりおろした大根やにんじん、油揚げ、節分の大豆などを酒粕と一緒に煮込みます。

名前の由来は、栃木県の昔の呼び名である”下野の国(しもつけのくに)”で作るからという説と、酢(す)むつかり(煎った大豆に酢をかけた料理)からきたという説があります。
「七軒の家のしもつかれを食べると病気にならない」といわれ、近所の人たちと分け合って食べるそうです。

【稲荷レシピ】お弁当にも大活躍! 定番からアレンジまで「いなりレシピ」まとめ

「特選いなり」

TOKYO GAS

定番のいなし寿司の作り方から、アレンジの効いた珍しい稲荷レシピまでご紹介します。

おわりに

昔から続く日本の伝統的な行事の一つの「初午」。ぜひ家族で美味しいいなり寿司を食べて、お祝いしてみてくださいね。

参考:農林水産省「子供の食育」
参考:公益社団法人全国学校栄養士協議会「地場産物を利用した行事食」

SNSでこの記事をシェア
FacebookX(旧Twitter)LinenotePinterest

コピーされました

公開日:2017.1.24

最終更新日:2024.1.30

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

同じカテゴリの記事

広告)水栓交換キャンペーン
広告)蓄電池0円 キャンペーン抽選100名様

お気に入り追加

追加した記事は、お気に入り一覧でご確認いただけます。