ここから本文です。

【子どもが喜ぶ盛り付け】どうぶつモチーフでおもてなし~Gomaの親子で楽しむテーブルアイデア[2]~

日々の料理やおやつ、子どもが喜ぶ盛り付けって難しいですよね。Gomaさんに親子で楽しむテーブルアイデアをご紹介いただきます。2回目は子どもが大好きな「どうぶつ」テーマのおもてなしアイデアです。

最終更新日:2024.2.26

目 次

子どもが大好きな「どうぶつモチーフ」

「親子でたのしむテーブルアイデア」2回目。
2回目は子どもが大好きな「どうぶつ」テーマのおもてなしアイデアをご紹介します。
今回はお友達を招いての軽めのティーパーティの想定。お招きする前の下準備から楽しんでみましょう。

小物をいろいろ下準備!

お招きする前にパーティ小物の下準備。どれも色紙を使った簡単なものなのでご心配なく。

まずはウェルカムカードから

ウェルカムカード

Goma

色紙を適当な大きさに切ってメッセージとリスの絵を描きます。これは子どもに描いてもらってもかわいいですよ。リスのしっぽ部分にカッターで横2本切り込みを入れて、そこにローズマリーの枝を刺します。これだけでただのカードがちょっと存在感のあるものに変身します。

野原のランチョンマット

Goma

先をギザギザに切った緑色の色紙は上部分は折って立体に。野原のランチョンマットを作りましょう。先ほどのウェルカムカードをのせたら何だかちょっと劇場みたいで気分も上がります。

カトラリーセット

二つ折りした色紙に、蝶々や鳥のシルエットの形を左右対称の形になるよう下書きしてカットします。

カトラリーセット

Goma

上の写真のようにカトラリーに刺し込んだら完成。羽につけた模様は文房具用の丸シールです。紙なので、ここにお客さまの名まえを描きこんでもいいですね。

竹串とカップケーキカップ、マスキングテープで作った花

Goma

これはおまけ。竹串とカップケーキカップ、マスキングテープでお花を作りました。
竹串に2枚のカップを突き刺して、下部分にマスキングテープをぐるりと巻き込んで固定します。カップは花に見えるように形を整えること。

【盛り付けその1】アニマル・シルエット

ココアでくまのシルエットを作る

Goma

パンケーキがのったお皿には、1回目の幾何学の時の手法を使って、ココアでくまのシルエットを作りました。何の変哲もない白い紙皿でもこれだけかわいくなれます(もちろん陶器のお皿でもOK!)。

パンケーキに花の飾りを刺す

Goma

さきほど作ったお花の飾りを刺してさらににぎやかに!
盛りつけは高さを出すと全体のバランスにメリハリが出るので、こういった飾りアイテムは重宝するのです。厚みのあるサンドイッチやフルーツにつけてもいいですよ。

【盛り付けその2】アニマル・プレート

盛りつけその2は、どうぶつの顔に見立ててのせたサンドイッチ!

動物の顔に見立ててのせたサンドイッチ

Goma

お皿にはあらかじめ紙で作った耳をつけておき、サンドイッチを中心にしてゆで卵やソーセージ、野菜で顔を描きます。
サンドイッチと顔のパーツとなる材料をあらかじめ用意しておけば、子どもと一緒に顔作りできますよ。

アニマルサンドイッチ

Goma

さきほどのセットにのせれば、楽しいアニマルサンドイッチタイムの始まり!
どこから食べるか迷っちゃいそうですね。

お菓子入れもどうぶつに!

パンケーキもサンドイッチも簡単だけど、さらにお手軽なのは市販のお菓子を使うこと。

子どもたちがやってくるパーティはいろんな意味でてんやわんや。とりあえずのつまめるお菓子があると、子どもも大人もうれしいものです。

お菓子入れ

Goma

そんな時に作ってみたいのがこんなお菓子入れ。これまた紙皿で簡単に作れます。紙ナプキンなどでお菓子を覆えばおみやげボックスにもなります。

紙皿を切る

Goma

まず大きめの紙皿の端をピンキングバサミでギザギザに切ります(切らなくてもOK)。
皿をひっくり返したら中心から2.5cmのところに線を2本描きます(底が5cm幅の場合。このサイズは特に決まりはありません)。

紙皿に切り込みを入れる

Goma

紙皿の底部分にかからない様に切り込みを入れます。

紙皿に切り込みを入れる

Goma

切り込みを入れた部分を先に、全体を内側に折って箱形に。端をホチキスで止めます。

紙皿をホチキスで止める

Goma

別紙で耳をつけたり、目のパーツをつければどうぶつお菓子入れの完成!
目はパーツがなければ描いてもOKです。

動物のお菓子入れ

Goma

動物のお菓子入れ

横から見たところ。立ち上がりが深めなのでお菓子もわりと入ります。

一緒につくる楽しみ、発見できましたか?

いかがでしたか? どれも身近に手に入る材料で簡単に作ったものばかり。「親子で作る」をテーマにしているので工作要素も多かったと思いますが、大事なのは上手に作ることじゃなくて、「楽しく一緒に作る」こと。そうすれば食べる時だってもちろん楽しいに違いありません!

「おもてなし=お料理がんばる」という図では決してないってGomaは思っているからです。まずはできることからチャレンジしてみて下さい。そのうちに皆さん独自のアイデアも湧き出てくると思いますよ!

【子どもが喜ぶ盛り付け】 幾何学模様でおやつタイム~Gomaの親子で楽しむテーブルアイデア[1] ~

クッキーの型をとる子ども

Goma

  • この記事ライター

    料理創作ユニット Goma

    料理創作ユニット Goma

    アラキミカ、中村亮子からなる料理創作ユニット

    「食」をテーマに日常の楽しい事や嬉しい事を様々な形にして日々製造中。
    ジャンルや物事にとらわれる事ない自由で新しい料理活動を目指し、フード提案から雑貨のデザイン、イラストまで全て自分たちでこなす。現在は、雑誌、単行本、TV、webなど媒体での作品発表、雑貨デザイン、全国でのもの作りワークショップ開催など多彩なフィールドで活動中。著書に『GomaのPOPスイーツ』(小学館)、絵本『へんてこパンやさん』等多数。

    ウェブサイト:料理創作ユニット Goma

    もっと見る
SNSでこの記事をシェア
FacebookX(旧Twitter)LinenotePinterest

コピーされました

公開日:2016.3.29

最終更新日:2024.2.26

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

同じカテゴリの記事

広告)壊れたのかも?図鑑
広告)蓄電池0円 キャンペーン抽選100名様

お気に入り追加

追加した記事は、お気に入り一覧でご確認いただけます。