ここから本文です。

【意外と知らない布団の寿命】買い替えの目安はどれくらい?

現在使っている布団や枕、いつ購入したか覚えていますか? 意外と意識していないかもしれませんが、寝具にも寿命があるんです。人は寝ている間にコップ1杯分の汗をかくといわれています。長く使い込んだ寝具は、皮脂や汗で汚れていたり、中身がヘタっていることも。今回は、意外と知られていない「布団や枕の寿命」と「布団を長持ちさせるお手入れ方法」についてご紹介します。

最終更新日:2024.1.22

目 次

布団の買い替えの目安はどれくらい?

布団

PIXTA

布団は長く使い込むにつれてかさが減り、買った当初の高さよりも低くなったり、クッション性がなくなります。かさがなくなると保温性が悪くなったり、クッション性が低下すると、就寝時の姿勢保持力が低下してしまいます。

また皮脂や汗などの不純物が生地や詰め物に付着するので、布団を清潔に保つためには、普段のお手入れと共に定期的な買い替えが必要と言われています。

布団の買い替え時期は、詰め物の種類によっても異なります。買い替え・打ち直しなどの目安を参考にしてみてくださいね。

綿(コットン)の布団

綿の布団は長年使用することで綿が硬くなりますが、これを解きほぐして打ち直すことでふっくらとさせることができます。

一般的に掛け布団なら約5年、敷き布団は3年前後が打ち直しの目安と言われています。

羽毛の布団

羽毛

PIXTA

羽毛の掛け布団は、5年に1度程度痛み具合を点検し、必要に応じてクリーニングやリフォーム(布団生地の交換と羽毛の補充)をするのが良いそうです。

合成繊維(ポリエステル)の布団

掛け布団は約5年、敷布団は約3年が買い替えの目安と言われています。

羊毛(ウール)の布団

使用状況によって異なりますが、掛け布団は約5年、敷布団は約3年が交換の目安と言われています。使用しているうちにヘタリが生じることがあるので、使用感が気になったら、点検や交換を検討してもよいかもしれません。

枕の買い替え目安はどれくらい?

枕

PIXTA

人間の頭の重さは体重の約8%、体重60kgの人なら約5kgもあります。また、脳をクールダウンさせるために、頭や首も思っている以上に汗をかくのです。

重い頭を支える枕は、長期間使用すると中身がヘタって高さが低くなったり、汗や皮脂が付着することで臭いの原因にもなるので、定期的に買い替えるのが良いようです。

素材別の買い替えの目安

  • フェザー(羽根)・・・2~3年
  • ウレタンフォーム(低反発など)・・・2~3年
  • わた・・・2~3年
  • パイプ素材・・・3~5年
  • そばがら・・・1~2年


※使用状況やお手入れ方法によって変わることがあります。

【布団を長く使うためのお手入れ方法】日頃の注意点とは?

ベッドメイキング

PIXTA

布団や枕の生地が傷むのを防いで、寝ている間にかく汗から布団を守るために、カバーやシーツをかけて使用しましょう。枕カバーやシーツは定期的に洗濯して清潔に保つことが大切です。

畳や床に布団を敷いている場合は、布団の上げ下ろしを毎日行い、湿気によるダニやカビの繁殖を防ぐようにしましょう。

【布団を長く使うためのお手入れ方法】干すときの注意点

布団を干す

PIXTA

布団は汗などにより湿気が溜まりやすいので、定期的に天日干しをしましょう。天日干しをすることで湿気を逃がし、ある程度の弾力性や保温性を取り戻すことができます。

季節にもよりますが、午前10時〜午後3時頃の湿度が低い時間帯に天日干しするのがおススメです。布団の生地が傷むのを防ぐため、カバーやシーツをかけたまま干しましょう。

天日干しができない場合は、エアコンや扇風機の風に当てることでも、ある程度の効果が期待できるそうです。諦めずに試してみてはいかがでしょうか?

素材別の干す頻度と時間の目安

  • 綿、合成繊維の布団・・・週に1〜2回程度、片面2時間位
  • 羊毛の布団・・・週に1回程度、片面2時間位ずつ
  • 羽毛の布団・・・月に1〜2回程度、片面1時間位ずつ

【布団を長く使うためのお手入れ方法】収納時の注意点

布団をしまう

PIXTA

布団は湿気の少ない場所に収納しましょう。敷布団は下に、掛け布団は上に収納します。

しばらく使わない布団は、天日干しをしてからカバーやシーツをはずして湿気の少ない場所に保管しましょう。来客用など普段使わない布団も、カビやダニの繁殖を防ぐために定期的に天日干しをしましょう。

【布団を長く使うためのお手入れ方法】洗うときの注意点

乾燥機

PIXTA

布団の生地が部分的に汚れた場合は、その部分をつまみ洗いし、すぐに乾燥させましょう。

布団によってはご家庭で洗濯できるものも(ウォッシャブル)あります。洗濯する前に布団の取扱説明書を確認しましょう。ご家庭で洗濯できないものは、専門業者や寝具専門店に依頼するのがオススメです。

ご家庭での洗濯方法

  1. 洗濯機を使う場合は「布団コース」や「大物コース」を選択する※取扱説明書を参考にしてください
  2. 十分にすすいだ後は、洗濯機か手絞りで軽く脱水をする
  3. 風通しのよい日陰に干し、十分に乾燥させる。


乾燥が不十分だと臭いやカビの原因になるので注意してください。羽毛ふとんの場合、詰め物が片寄っていたら軽く叩いて直しましょう。

※ 羊毛・羽毛布団は中性洗剤を使い、30℃以下の水温で洗いましょう。ポリエステルなどの合成繊維の布団は、合成洗剤を使用し、40℃以下の水温で洗うことが推奨されています。布団についているタグを参考にしてください。

おわりに

意識することが少ない布団の寿命ですが、布団の機能と清潔さを保つためには定期的なお手入れや買い替えが必要のようです。心地よい睡眠時間を送るために、ぜひ心がけてみてくださいね。

あわせて読みたい

【どちらが優れている? 】ベッドと布団の割合は? メリットとデメリットを徹底比較!

SNSでこの記事をシェア
FacebookX(旧Twitter)LinenotePinterest

コピーされました

公開日:2017.6.28

最終更新日:2024.1.22

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

同じカテゴリの記事

広告)水栓交換キャンペーン
広告)東京ガスの太陽光発電

お気に入り追加

追加した記事は、お気に入り一覧でご確認いただけます。