ここから本文です。

2種類のピザ

目からウロコのパン作り!「ポリパン®」~Vol.2 フライパンで手作りピザ

「ポリパン®」レシピ連載2回目はフライパンでできるピザです。材料をポリ袋でフリフリして、カリッと歯ざわりのいいクリスピータイプとふわふわ食感のパンタイプの2種類のピザを作ります。このレシピのうれしいところは一つの生地から違う食感のピザができてしまうこと。そして、オーブンを使わずにフライパンで手軽に焼けること。簡単、おいしいポリパン®生みの親、梶晶子さんに教わります。

最終更新日:2023.5.8

目 次

ひとつの生地から2種類できる! ポリ袋を使って簡単おうちピザ

梶晶子さん

uchicoto

ポリパン®レシピ連載2回目は手作りピザです。おうちでのおもてなしや休日のランチに焼き立てのピザがテーブルに並ぶとちょっと特別感がありますね。具材は冷蔵庫に眠っている食材をトッピングしても◎。好きな具材を好きなだけトッピングできるのは家で作る醍醐味ですね。天然酵母パン工房&ナチュラルフードスクールhappyDELI代表梶晶子さん(以下、梶さん)にピザ作りを教えてもらいました。

まずこのレシピの最大の魅力は一つの生地から2タイプのピザを作ることができることです。その秘密は生地を二次発酵まで進めるかどうか。一次発酵で止めるとクリスピータイプに、二次発酵まで進めるとパンタイプへと変身します。
カリカリのクリスピータイプはおやつやお酒のお供に、ふっくらとしたパンタイプはランチに。どちらも選べない! という時は生地を半分に割って両方楽しむこともできます。
さらに、発酵から焼き上げまで、フライパンでできるのもうれしいポイントです。

梶さん「この生地のベースはイタリアの定番パン、フォカッチャです。薄力粉と強力粉を半々にしているのでサクッと歯切れのいい仕上がりになります。また、生地にオリーブ油を混ぜ込むので香りよくいただけますよ」

手作りピザなら、作る場面から家族みんなで楽しめますよ。難しい作業はないので、ぜひお子さんと一緒に、あれこれ楽しみながらトライしてみてくださいね。

「ポリパン®」で生地にこだわるピザ作り

2種類のピザ

uchicoto

材料と道具をチェックしましょう。
使用するフライパンは26cm以上がおすすめです。小さめのフライパンしかない、という方は生地を4等分にして作ってみてくださいね。

生地の材料

ピザ生地の材料

uchicoto

  • 強力粉・・・75g
  • 薄力粉・・・75g
  • 水・・・80g
  • オリーブ油・・・20g(大さじ2) 
  • ホシノ天然酵母パン種の生種※・・・12g(大さじ1)
  • 砂糖・・・10g(大さじ1)
  • 塩・・・2g(小さじ1/3)
  • お好みのハーブ・・・ひとつまみ


ピザのトッピングの具材はお好みのものを使いましょう。火が完全に通らなくても食べられるものがよりいいですね。

※ホシノ天然酵母パン種の生種の作り方はこちら

Vol.1のイングリッシュマフィンの回でもご紹介した通り、ポリパン®はホシノ天然酵母パン種の生種を使うのがおすすめではありますが、インスタントドライイーストを使っても作ることができます。以下にその分量をご紹介しておきます。

  • ゆっくり発酵させたい場合・・・小さじ1/20 (0.15g)
  • 早めに発酵させたい場合・・・小さじ1/4 (0.75g)

いずれの場合も、もともとの水分量に、甘酒大さじ1か、水10gを足したものに、インスタントドライイーストを振り入れ、2~3分ふやかしてから混ぜて使います。

用意する道具

ピザ生地・用意する道具

uchicoto

  • ふたつきフライパン
  • ポリ袋
  • クッキングぺーバー
  • 透明な容器
  • スケッパー
  • 軍手
  • フォーク
  • ゴムベラ
  • キッチンばさみ
  • めん棒

生地作りからおさらい~一次発酵まで~

ポリパン®の生地作りの基本はどんな材料の組み合わせでも同じです。
Vol.1をおさらいしてからフリフリをスタートしましょう!

<クリスピータイプ>生地の準備

ふわふわ食感を求めないクリスピータイプは二次発酵いらず。今回の分量で3枚のピザが焼けますよ。生地を伸ばす時にも加熱時にもクッキングペーパーを利用します。半分に折りたたんだ状態でフライパンサイズになるようにクッキングペーパーをカットしておきましょう。

梶さん「伸ばし広げた生地は冷蔵庫なら3日、冷凍庫なら1か月間保存ができます。ストックしておけばいつでもピザ作りができますよ。生地は乾燥を防止する意味でも、クッキングペーパーに挟んだ状態で保存袋に入れてくださいね」

生地の準備1

  • ピザ生地の準備1

    uchicoto

  • ピザ生地の準備1

    uchicoto

  • ピザ生地の準備1

    uchicoto

    袋をカットする。手粉の代わりにオリーブ油を手になじませてから生地を3分割する。縦と横にスケッパーを滑らせながら生地を丸くまとめる。

    生地の準備2

    ピザ生地の準備2

    uchicoto

    ポリ袋を被せて乾燥を防止する。そのまま15分間ベンチタイムをとる。

    生地の準備3

    ピザ生地の準備3

    uchicoto

    クッキングペーパーの中心に折り目を付けておく。ペーパーの片側中央に生地を乗せ、生地の表面にオリーブ油を塗る。

    生地の準備4

    ピザ生地の準備4

    uchicoto

    クッキングペーパーを半分に折りたたむ。

    生地の準備5

    ピザ生地の準備5

    uchicoto

    フライパンをクッキングペーパーの上にのせて体重をかけてつぶすように生地を伸ばす。クッキングペーパーからはみ出さないように注意する。これで均一に丸く伸ばせる。

    生地の準備6

    ピザ生地の準備6

    uchicoto

    更に薄く伸ばすように、めん棒を放射線状に動かして厚みを均一にする。フライパンの底と同じ大きさまで伸ばす。

    生地の準備7

    ピザ生地の準備7

    uchicoto

    フライパンのサイズに合わせてクッキングペーパーの四隅をカットする。

    生地の準備8

    ピザ生地の準備8

    uchicoto

    フォークを使って、生地の片面に全体に満遍なく穴をあける。

    <クリスピータイプ>焼き上がりまで

    楽しいトッピングの時間です。今回はトマトソースを敷いてからベーコンとオリーブ、シュレッドチーズを具材にチョイスしました。具材は自分好みにアレンジOKですが、加熱済みのものか生でも食べられるものを選ぶと生焼けの心配がありませんよ。

    梶さん「焦がしたかな? と心配になるかもしれませんが、ある程度生地に焦げ目がついた方が香ばしく、おいしく仕上がりますよ。私のおすすめのトッピングはバジルソースとモッツァレラチーズの組み合わせ。子どもから大人まで好評です」

    ピザを焼く1

    • ピザ焼き工程1

      uchicoto

    • ピザ焼き工程1

      uchicoto

      生地はクッキングペーパーで挟んだまま、ふたをして強火で2分間加熱する。一部が焦げる位まで加熱するとパリッと焼ける。

      ピザを焼く2

      ピザ焼き工程2

      uchicoto

      火を止めて裏表を返す。

      ピザを焼く3

      上面のクッキングペーパーをハサミでカットする。

      ピザを焼く4

      ピザ焼き工程4

      uchicoto

      トマトソース、オリーブ、ベーコン、チーズの順に具材を乗せる。

      ピザを焼く5

      ふたをして強火で30秒加熱する。

      ピザを焼く6

      ピザ焼き工程6

      uchicoto

      弱火に切り替えてふたをしたまま約5分間加熱する。

      ピザを焼く7

      ピザ焼き工程7

      uchicoto

      チーズがふつふつしてきたらできあがり。

      ピザ完成

      uchicoto

      両面を焼いてアレンジ! お酒のお供にも!

      おつまみピザ

      uchicoto

      具材をのせた面も弱火で5分間加熱すれば、おつまみピザに早変わり。具材をシンプルに、とろけるチーズと黒コショウにすればピリリとした刺激で更にお酒が進みそうです。

      <パンタイプ>生地の準備

      ふんわり食感がうれしいパンタイプは一次発酵後のベンチタイムは必要ありません。生地を丸めたらフライパンの上で二次発酵から焼き上がりまで行います。

      生地の準備1

      <パンタイプ>生地の準備1

      uchicoto

      袋をカットする。縦と横にスケッパーを滑らせながら生地を丸くまとめる。

      生地の準備2

      <パンタイプ>生地の準備2

      uchicoto

      手粉の代わりにオリーブ油を手になじませる。手でフライパンにオリーブ油を塗り広げて、丸めた生地を乗せる。

      生地の準備3

      <パンタイプ>生地の準備3

      uchicoto

      生地をフライパンの底面のサイズに合わせて手で伸ばし広げる。

      生地の準備4

      <パンタイプ>生地の準備4

      uchicoto

      フライパンのふたをして二次発酵スタート。(二次発酵はふたをしたフライパンの中で行います。気温が低い場合は、ガスコンロを強火で15秒ほど加熱し消火して、そのまま放置し発酵が進むのを待ちます)

      生地の準備5

      • <パンタイプ>生地の準備5

        uchicoto

      • 押してみて生地をチェック

        uchicoto

        生地が約2倍に膨らんだら発酵の状態をチェック。生地を押してみて、指の跡がゆっくりと戻ってくる程度で二次発酵完了。

        <パンタイプ>焼き上がりまで

        パンタイプのピザは、おしゃれにサラダピザ風に仕立てました。今回はルッコラと生ハム、マッシュルームを食べる直前にあしらいました。モッツァレラチーズのように火通りのいい具材は生地が温かいうちに蒸し焼きにしてもいいですね。

        梶さん「フォカッチャ生地らしく、外側はサクッと歯切れよく、中はもちもちふっくらと焼き上がりますよ。生地の中まで火が通っているか不安な時は生地を指で押してみてください。ふにゃっとした感覚なら生焼け、押した場所が戻ってくるようであれば火が通っているという合図です」

        ピザを焼く1

        <パンタイプ>ピザ焼き工程1

        uchicoto

        ふたをして強火で1分加熱する。

        ピザを焼く2

        <パンタイプ>ピザ焼き工程2

        uchicoto

        弱火に切り替えて約12分加熱する。

        ピザを焼く3

        <パンタイプ>ピザ焼き工程3

        uchicoto

        火を止める。表と裏を返して加熱したい具材を乗せ、強火で30秒加熱する。

        ピザを焼く4

        <パンタイプ>ピザ焼き工程4

        uchicoto

        弱火に切り替えてふたをして約15分加熱する。指で押してみて弾力があれば焼き上がり。

        ピザを焼く5

        <パンタイプ>ピザ工程5

        uchicoto

        皿に移してからルッコラ、マッシュルーム、生ハム、オリーブ油をトッピングする。

        発酵のはなし

        二次発酵完了後の生地

        uchicoto

        発酵って、どうしても難しく考えがちではないでしょうか? 室温や生地の状態によって、見極めなければならなので心配になってしまうかもしれませんね。とかく心配してしまうのは発酵しすぎ、過発酵してしまうこと。これは生地が最大限に膨らんだ後、酵母の力が弱まりしぼんでしまっている状態です。思わず失敗したと思ってしまいそうですが、梶さんによると、「もし過発酵してしまっても分解が進んで生地が弱くなったり、酵母のえさが少なくなって膨らむ力が弱まっているだけなので捨てないでくださいね。生地をパンケーキに変えたり、次のパンの酵母種に使うという手もありますよ」とのこと。なんだか気が楽になりますね!

        ポリパン®では前の日の夜に生地を仕込んでおいて、冷蔵庫の野菜室で一次発酵させることを推奨しています。実はこれはいいことばかりの発酵方法。低温の中なら酵母の活動がゆっくりなので、多少の時間差ならば過発酵してしまう、という心配がありません。
        また、こうやって低温で発酵させることで、甘味のあるおいしい生地になるんだとか。この方法なら、自分の生活スタイルに合わせてパン作りが楽しめそうですね。

        ポリパン®でピザを焼くなら、最新のガスコンロがおすすめ!

        フライパンでピザを焼く時は、ガスコンロの機能「コンロ調理タイマー」を活用しましょう。時間がくると音でお知らせしてくれるので、ピザの具材を用意したりテーブルセッティングをしたり、短い隙間時間を有効活用することができますね。

        デリシア調理イメージ

        Rinnai

        最新のガスコンロには、料理を強力にサポートする便利機能が満載です。
         
        自動で火加減を調整する揚げ物・焼き物に便利な「温度調節」機能や、ボタン一つでガス火炊きのご飯が炊き上がる「自動炊飯」機能。お湯が沸いたり、設定した時間になると消火する「湯わかし」や「コンロタイマー」機能など、「ガスコンロ」には調理をサポートする機能がたくさんあります。(※)
         
        また、“魚を焼く”イメージの強い「グリル」ですが、実は肉や野菜料理、トーストやピザ、揚げもののあたため直しにも使える万能調理器です。
        専用容器対応のグリルでは、手軽にオーブン料理も楽しめますよ。(※)
         
        ガスコンロで「おいしい」をもっと簡単に! レパートリーをグンと増やしましょう!
        (※)搭載機能や機能名は機種によって異なります。

        おわりに

        全く違った食感のピザがひとつの生地でできるとは驚きでした。特にクリスピータイプの生地は冷蔵・冷凍保存できるので急な来客にも、お子さんが突然お腹空いた! なんて言い出したときにも重宝しそうですね。ピザはオーブンがなければできないと思っていましたが、このレシピならフライパンで焼けるというのも魅力的でした。
        次回は、憧れの山食パンをポリパン®で作ります。どうぞお楽しみに!

        • この記事取材先

          梶晶子

          天然酵母パン工房&ナチュラルフードスクール「happyDELI」主宰

          梶晶子

          ポリ袋で作るパン、ポリパン®考案者。2004年東京・三鷹で天然酵母パンとヘルシースープの店を開店。店舗販売、通信販売、移動販売、卸売の傍ら、天然酵母パン教室をスタートさせ人気を呼ぶ。2012年より東京・西荻窪に拠点を移しパンカフェやパン・発酵教室をメインに活動中。東日本大震災後から支援活動も積極的に行っており「東北応援ハッピーデリプロジェクト 笑顔を届けよう!」と題して被災地各地でポリパン®を通じた支援を行う。
          2018年より一般社団法人ポリパンスマイル協会を設立。「食べる喜び、作る幸せ、つながる笑顔」をモットーに、笑顔の魔法ポリパン®を通して、孤立防止、地域のつながりつくり、防災時の食と心のケアなどを提案している。パン製造技能士一級、防災士、発酵プロフェッショナル。
          著書に「ポリパン! ポリ袋でつくる、オーブンのいらない世界一かんたんなパン」(学研プラス)、「ポリ袋でかんたん! 甘酒&酒粕でつくる天然酵母パン」(河出書房新社)などがある。

          天然酵母パン工房&ナチュラルフードスクール「happyDELI

          もっと見る
        SNSでこの記事をシェア
        FacebookX(旧Twitter)LinenotePinterest

        コピーされました

        公開日:2023.4.7

        最終更新日:2023.5.8

        ※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
        本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
        詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

        同じカテゴリの記事

        広告)水栓交換キャンペーン
        広告)東京ガスの太陽光発電

        お気に入り追加

        追加した記事は、お気に入り一覧でご確認いただけます。