ここから本文です。

ぜんざい(善哉)とおしるこ(お汁粉)の違いって何? 知っているようで実は知らない【ぜんざいとおしるこの違い】とは

寒い時期になると食べたくなる、ぜんざい(善哉)やおしるこ(お汁粉)。甘くて温かくて、食べるとほっこりしますね。そんな2つ、何が違うのかご存知ですか? 今回は、ぜんざいとおしるこの違い、名前の由来をご紹介します。

最終更新日:2022.12.20

目 次

関東における「ぜんざい」と「おしるこ」の違い

関東のおしるこ

PIXTA

関東と関西で善哉とお汁粉の分け方は違うようです。まずは関東から見てみましょう。

ぜんざい:汁気がなく、餅や白玉が添えられているもの
おしるこ:汁気があるもの

おしるこの中でも、粒あんを使っているものを田舎汁粉、こしあんを使っているものは御膳汁粉と分けられているそうです。ちなみに関東では、角餅を使うことが多いと言われています。

関西における「ぜんざい」と「おしるこ」の違い

関西のぜんざい

PIXTA

次は関西での分け方を見てみましょう。

ぜんざい:汁気があり、粒あんを使ったもの
おしるこ:汁気があり、こしあんを使ったもの

他にも、汁気がなく、粒あんを使い、餅を添えたものを亀山や金時と呼ぶそうです。関西では、丸餅を使うことが多いとか。関東と関西では、認識の違いがあることが分かりますね。

おしることぜんざいの違い

uchicoto

ぜんざいとおしるこ、それぞれの名前の由来

神社

PIXTA

おしるこ(お汁粉)という名前は、見た目から来ていると言われていますが、ぜんざい(善哉)という名前の由来については、いくつかの説があるようです。

もともと善哉という言葉は、「すばらしい」という意味の仏教語に由来するそう。
ある僧がお持ちの入った小豆汁を「善哉」と称賛したことが由来と言われていたり、一休禅師が初めて食べて「善哉此汁」と言ったからとも言われています。

また、出雲地方の神在祭でふるまわれた「神在餅(じんざいもち)」が変化して、ぜんざいとなったという説も。餅と小豆を一緒に煮たものを、神前に供えていたそうです。

どの説も古く、ぜんざいやおしるこは昔から食べられていたことがうかがえます。

おわりに

ぜんざい(善哉)とおしるこ(お汁粉)の違い、名前の由来をご紹介しました。ぜんざいやおしるこを食べる際には、違いを意識してみるのもいいですね。

【レシピ】ダッチオーブンで煮るから手間なし&あずきふっくら「ぜんざい」

ぜんざい

TOKYOGAS

ダッチオーブンでアズキを煮て、ぜんざいを作ってみませんか。コンロでアズキを煮る場合は火加減を気にしながらコトコトと煮ますが、ダッチオーブンなら入れっぱなし&お任せで手間なしです。

SNSでこの記事をシェア
FacebookX(旧Twitter)LinenotePinterest

コピーされました

公開日:2016.12.9

最終更新日:2022.12.20

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

同じカテゴリの記事

広告)水栓交換キャンペーン
広告)蓄電池0円 キャンペーン抽選100名様

お気に入り追加

追加した記事は、お気に入り一覧でご確認いただけます。