ここから本文です。

【レシピ】野菜と鶏肉の旨味! 土鍋で「加薬ご飯」

鶏肉、椎茸、油揚げ、人参など具材をふんだんに入れて、土鍋でふっくら炊き上げました。管理栄養士など食の専門家によるレシピです。美味しく料理を作れるコツ・作り方をぜひお試しください。【レシピ出典:東京ガス「食」情報センター】

最終更新日:2023.3.9

「加薬ご飯」の材料(土鍋9号 直径27センチ)

米・・・3合
だし汁・・・630ml
鶏モモ肉・・・150g

[A]
 酒・・・大さじ2
 醤油・・・大さじ2
 砂糖・・・大さじ1
 塩・・・小さじ1/2
 ショウガ汁・・・小さじ1

干しシイタケ(戻す)・・・3枚
油揚げ・・・1枚
ニンジン・・・100g
ゴボウ・・・100g
ミツバ・・・適量

【作り方1】

米は洗ってザルにあげ、土鍋に入れて分量のだし汁を加えて約30分おきます。

【作り方2】

鶏モモ肉は小角に切り、Aでサッと煮ます。

【作り方3】

干しシイタケはせん切りにし、油揚げは油抜きをして縦半分にし、細切りにします。

【作り方4】

ニンジンはせん切りにします。

ゴボウはささがきにして水にさらし、水気をきります。

【作り方5】

1に2を煮汁ごと入れます。

3、4を散らしてふたをし、炊きます(強火~中火で沸騰するまで約10分、沸騰したら弱火にし、10~15分)。

火を消して蒸らします(約15分)。

【作り方6】

炊き上がったら2cm長さに切ったミツバを混ぜ、器に盛りつけます。

「加薬ご飯」のコツ・ポイント

・具とご飯のなじみが良いように、少しやわらかめの水分量(水+調味料)になっています。

・加薬とは「薬味を加える」という、もともとは漢方医学(漢方)の用語が由来です。室町時代にはショウガ、ワサビなど香辛料一般を指し、江戸時代には具材全般を指すようになりました。

ガスコンロ(グリルを含む)・ガスオーブン使用時のお願い

おわりに

デリシア調理イメージ

今回ご紹介したレシピは「ガスコンロ」(ピピッとコンロ)の便利機能などを活用した簡単レシピです。
 
自動で火加減を調整する揚げ物・焼き物に便利な「温度調節」機能や、ボタン一つでガス火炊きのご飯が炊き上がる「自動炊飯」機能。お湯が沸いたり、設定した時間になると消火する「湯わかし」や「コンロタイマー」機能など、「ガスコンロ」には調理をサポートする機能がたくさんあります。(※)
 
また、“魚を焼く”イメージの強い「グリル」ですが、実は肉や野菜料理、トーストやピザ、揚げもののあたため直しにも使える万能調理器です。
専用容器対応のグリルでは、手軽にオーブン料理も楽しめますよ。(※)
 
ガスコンロで「おいしい」をもっと簡単に! レパートリーをグンと増やしましょう!
(※)搭載機能や機能名は機種によって異なります。

SNSでこの記事をシェア
FacebookX(旧Twitter)LinenotePinterest

コピーされました

公開日:2017.12.19

最終更新日:2023.3.9

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

同じカテゴリのレシピ

広告)おうちの機器なら東京ガスの機器交換におまかせ!
広告)ウルトラ省エネブック

お気に入り追加

追加した記事は、お気に入り一覧でご確認いただけます。