ここから本文です。

【レシピ】トマト缶でつくる「冬野菜と豚肉のトマト鍋」

たっぷりの冬野菜をトマト仕立てでいただきます。管理栄養士など食の専門家によるレシピです。美味しく料理を作れるコツ・作り方をぜひお試しください。【レシピ出典:東京ガス「食」情報センター】

最終更新日:2023.3.13

冬野菜と豚肉のトマト鍋

「冬野菜と豚肉のトマト鍋」の材料(6人分)

ハクサイ・・・小1株(約600~700g)
カブ・・・2コ
タアサイ・・・150g(1/4株)
エノキ茸・・・200g
春雨・・・60g
豚バラ肉(薄切り)・・・300g

[A]
塩・・・小さじ1/2
コショウ(黒)・・・少々
酒・・・大さじ2

カキ・・・18コ
塩・・・適量
酒・・・大さじ1

[B]
水・・・5~6カップ
酒・・・大さじ2
ホールトマト(缶)・・・約300g
塩・・・小さじ1と1/2

塩・・・適宜
コショウ(黒)・・・適量

[薬味]
万能ネギ(小口切り)・・・適量
炒りゴマ(白)・・・適量
糸唐辛子(刻む)・・・適量

【作り方1】

ハクサイは丸ごと4~5cm長さの筒切りにし、形を崩さないように水洗いして水気をきります。

葉先はちぎります。

【作り方2】

カブは皮をむいてくし形に切ります。

【作り方3】

タアサイは4~5cm長さに切ります。

エノキ茸は石づきを取り、長さを半分にしてほぐします。

春雨は水(分量外)で戻して食べやすい大きさに切ります。

【作り方4】

豚バラ肉は4~5cm長さに切り、Aで下味をつけます。

【作り方5】

カキをザルに入れて多めの塩をまぶし、少なめの水でふり洗いして汚れを取ります。

水をかえてすすぎ、水気をきって酒をふります。

【作り方6】

鍋にハクサイの葉先とタアサイの茎の部分、エノキ茸、春雨を敷きます。

中央にハクサイを切り口を上にして置き、ハクサイの間に4をはさみ、花のように仕立てます。

【作り方7】

周りにカブを並べ、合わせたBを注いで中火にかけます。

煮立ったらアクを取り、弱火にしてさらに火を通します(約30分)。

【作り方8】

タアサイの葉とカキを入れてサッと火を通し、塩、コショウで味をととのえます。

合わせた薬味を添えます。

「冬野菜と豚肉のトマト鍋」のコツ・ポイント

・ホールトマトの代わりにトマトソースを使ってもおいしくできます。その場合は加える塩の量を加減すると良いでしょう。

・カキのかわりにアサリやハマグリでもおいしくできます。

・30分煮ている際、途中菜箸で鍋底が焦げついていないかを確認してください。

ガスコンロ(グリルを含む)・ガスオーブン使用時のお願い

おわりに

デリシア調理イメージ

今回ご紹介したレシピは「ガスコンロ」(ピピッとコンロ)の便利機能などを活用した簡単レシピです。
 
自動で火加減を調整する揚げ物・焼き物に便利な「温度調節」機能や、ボタン一つでガス火炊きのご飯が炊き上がる「自動炊飯」機能。お湯が沸いたり、設定した時間になると消火する「湯わかし」や「コンロタイマー」機能など、「ガスコンロ」には調理をサポートする機能がたくさんあります。(※)
 
また、“魚を焼く”イメージの強い「グリル」ですが、実は肉や野菜料理、トーストやピザ、揚げもののあたため直しにも使える万能調理器です。
専用容器対応のグリルでは、手軽にオーブン料理も楽しめますよ。(※)
 
ガスコンロで「おいしい」をもっと簡単に! レパートリーをグンと増やしましょう!
(※)搭載機能や機能名は機種によって異なります。

SNSでこの記事をシェア
FacebookX(旧Twitter)LinenotePinterest

コピーされました

公開日:2017.1.5

最終更新日:2023.3.13

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

同じカテゴリのレシピ

広告)おうちの機器なら東京ガスの機器交換におまかせ!
広告)マイツーホー

お気に入り追加

追加した記事は、お気に入り一覧でご確認いただけます。