ここから本文です。

【レシピ】手打ち生パスタ「サーモンとサフランのオレキエッテ」

手打ちショートパスタは、特別な道具を使わなくても簡単に作れます。セモリナ粉の風味と歯ごたえをぜひご堪能ください。管理栄養士など食の専門家によるレシピです。美味しく料理を作れるコツ・作り方をぜひお試しください。【レシピ出典:東京ガス 食情報センター】

最終更新日:2023.3.9

サーモンとサフランのオレキエッテ

「サーモンとサフランのオレキエッテ」の材料(6人分)

≪オレキエッテ≫
[A]
 デュラムセモリナ粉・・・230g
 薄力粉・・・100g
 塩・・・1g

[B]
 ぬるま湯・・・150g
 オリーブ油・・・15g

打ち粉(薄力粉)・・・適量

≪ソース≫
オリーブ油・・・大さじ1
タマネギ(みじん切り)・・・1/2コ分

[C]
 水・・・100ml
 白ワイン・・・大さじ1
 ブイヨン(固形)・・・1/2コ
 サフラン・・・ひとつまみ(0.1g)

生クリーム・・・100ml
スモークサーモン・・・100g
塩・・・適量
コショウ・・・適量
ディル・・・適量

【準備】

Cは合わせてしばらくおきます。

【作り方1】

ボウルにAを入れ、Bを加えて混ぜます。

ひとまとまりになったらラップに包んで休ませます(30分〜)。

【作り方2】

太さ1.5cmの棒状に伸ばし、端から1.5cm幅に切ります。

親指の腹でこするようにして成形します。

【作り方3】

鍋に湯を沸かし、塩(分量外・湯の1%)と2を入れ、コンロ調理タイマーを10分に設定して茹でます(中火)。

ザルにあげます。

【作り方4】

フライパンにオリーブ油を入れて熱し、タマネギを炒めます(中火)。

しんなりしたらCを加えて少し煮ます(強火〜中火)。

【作り方5】

生クリームを加えてひと煮立ちさせ(強火)、スモークサーモンを加えます。

3を加えて混ぜ、塩、コショウで味をととのえます。

器に盛りつけ、ディルを散らします。

「サーモンとサフランのオレキエッテ」のコツ・ポイント

・生地は練りこむようにして捏ねます。最低でも30分は休ませましょう。その間は乾燥しないように注意しましょう(成形後は乾燥しても問題ありません)。生地がベタついて成形しにくい場合は、打ち粉をふるとよいでしょう。

・パスタの表面が崩れるのを防ぐため、茹でる時は湯の表面がゆらぐ位の火加減にします。茹で時間の目安は10分〜ですが、手打ちパスタは個体差があるので茹で上がりを確認してください(茹で過ぎても崩れにくい生地なので、長めに茹でても問題ありません)。パスタのくぼみに茹で湯が残りやすいので、水気をしっかりときりましょう。

・オリキエッテとは耳を意味するorecchiが語源の、イタリア南部を代表するパスタです。押して成形し、くぼみの内側がザラザラすることでソースがよく絡みます。

ガスコンロ(グリルを含む)・ガスオーブン使用時のお願い

おわりに

デリシア調理イメージ

今回ご紹介したレシピは「ガスコンロ」(ピピッとコンロ)の便利機能などを活用した簡単レシピです。
 
自動で火加減を調整する揚げ物・焼き物に便利な「温度調節」機能や、ボタン一つでガス火炊きのご飯が炊き上がる「自動炊飯」機能。お湯が沸いたり、設定した時間になると消火する「湯わかし」や「コンロタイマー」機能など、「ガスコンロ」には調理をサポートする機能がたくさんあります。(※)
 
また、“魚を焼く”イメージの強い「グリル」ですが、実は肉や野菜料理、トーストやピザ、揚げもののあたため直しにも使える万能調理器です。
専用容器対応のグリルでは、手軽にオーブン料理も楽しめますよ。(※)
 
ガスコンロで「おいしい」をもっと簡単に! レパートリーをグンと増やしましょう!
(※)搭載機能や機能名は機種によって異なります。

SNSでこの記事をシェア
FacebookX(旧Twitter)LinenotePinterest

コピーされました

公開日:2018.8.21

最終更新日:2023.3.9

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

広告)おうちの機器なら東京ガスの機器交換におまかせ!
広告)マイツーホー

お気に入り追加

追加した記事は、お気に入り一覧でご確認いただけます。