ここから本文です。

【レシピ】フランス家庭煮込み料理「鶏肉の赤ワイン煮」

鶏モモ肉を小玉葱、マッシュルームなどと一緒にワインで煮込みます。管理栄養士など食の専門家によるレシピです。美味しく料理を作れるコツ・作り方をぜひお試しください。【レシピ出典:東京ガス「食」情報センター】

最終更新日:2023.3.9

鶏肉の赤ワイン煮

「鶏肉の赤ワイン煮」の材料(2人分)

鶏モモ肉・・・1枚
塩・・・小さじ1/4
コショウ・・・適量
ニンジン・・・50g
ペコロス・・・4コ
マッシュルーム・・・6コ
タマネギ・・・1/2コ
ニンニク・・・1片
ベーコン・・・1枚
サラダ油・・・小さじ1
バター・・・20g
小麦粉・・・大さじ1
赤ワイン・・・300ml

[A]
 水・・・ 100ml
 チキンブイヨン(固形)・・・1/4コ

塩、コショウ、砂糖・・・各適宜

【作り方1】

鶏モモ肉は4等分に切り、塩、コショウをします。

【作り方2】

ペコロスの根本に十文字の切り込みを入れる

ニンジンは食べやすい大きさに切り、ペコロスは根元に十文字の切り込みを入れます。

マッシュルームは石づきを取ります。

タマネギは半分に切って繊維に直角に薄く切ります。

ニンニクはみじん切り、ベーコンは1cm幅に切ります。

【作り方3】

鍋にサラダ油を入れ、1をきつね色になるまで焼き、取り出します。

【作り方4】

同じ鍋にバターを足しタマネギ、ニンニクをよく炒めます。

ベーコンと残りの野菜を加えて炒め、小麦粉をふり入れます。

【作り方5】

赤ワインを加えて煮る

3を戻し入れて赤ワインを加え、鍋底をかき取りながら煮ます(中火)。

沸騰したらAを加え、コンロ調理タイマーを20分に設定して煮ます。

   コンロ調理タイマー20分

【作り方6】

塩、コショウ、砂糖で味をととのえ、盛りつけます。

「鶏肉の赤ワイン煮」のコツ・ポイント

・赤ワインはミディアムタイプのものが良いでしょう。

・鶏肉の赤ワイン煮は、フランスのブルゴーニュ地方の家庭料理です。コック オ ヴァン(coq au vin )といい、もともとは老いて身が硬くなった雄鶏を骨付きのままぶつ切りにして、地産のテーブルワインでやわらかくなるまでじっくり煮込んだものです。

ガスコンロ(グリルを含む)・ガスオーブン使用時のお願い

おわりに

デリシア調理イメージ

今回ご紹介したレシピは「ガスコンロ」(ピピッとコンロ)の便利機能などを活用した簡単レシピです。
 
自動で火加減を調整する揚げ物・焼き物に便利な「温度調節」機能や、ボタン一つでガス火炊きのご飯が炊き上がる「自動炊飯」機能。お湯が沸いたり、設定した時間になると消火する「湯わかし」や「コンロタイマー」機能など、「ガスコンロ」には調理をサポートする機能がたくさんあります。(※)
 
また、“魚を焼く”イメージの強い「グリル」ですが、実は肉や野菜料理、トーストやピザ、揚げもののあたため直しにも使える万能調理器です。
専用容器対応のグリルでは、手軽にオーブン料理も楽しめますよ。(※)
 
ガスコンロで「おいしい」をもっと簡単に! レパートリーをグンと増やしましょう!
(※)搭載機能や機能名は機種によって異なります。

SNSでこの記事をシェア
FacebookX(旧Twitter)LinenotePinterest

コピーされました

公開日:2017.10.23

最終更新日:2023.3.9

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

広告)おうちの機器なら東京ガスの機器交換におまかせ!
広告)マイツーホー

お気に入り追加

追加した記事は、お気に入り一覧でご確認いただけます。