ここから本文です。

【レシピ】甘酢が食欲そそる!「秋刀魚の南蛮漬け」

カラリと揚げた秋刀魚とグリルで焼いた野菜を甘酢に漬け込みます。秋の味覚が楽しめる一品です。管理栄養士など食の専門家によるレシピです。美味しく料理を作れるコツ・作り方をぜひお試しください。【レシピ出典:東京ガス「食」情報センター】

最終更新日:2023.3.17

「秋刀魚の南蛮漬け」の材料(4人分)

サンマ…3尾
塩…適量
長イモ…10cm
シイタケ…4枚
赤唐辛子…2本

[A]
 砂糖…大さじ2
 酢…大さじ6
 醤油…大さじ3
 みりん…大さじ2
 水…大さじ3

片栗粉…適量
揚げ油…適量

【作り方1】

サンマは筒切りにして内臓を取り除いて、塩をしてしばらくおきます。

【作り方2】

長イモは縦半分に切り、シイタケは石づきを取ってグリルで焼きます。

両面焼きグリル  上・下強火 7分~

焼けたものから取り出し、食べやすい大きさに切ります。

※片面焼きグリルの場合
上記(両面焼きグリルの場合)の設定時間の約半分が経過したところで食材を裏返し、様子を見ながら逆の面を焼いてください。片面焼きグリルの場合は両面焼きグリルより全体の焼き時間が長くなります。(コンロの機種や食材によって異なります。)

【作り方3】

1の水気をふき、片栗粉をまぶして揚げ油を温度調節機能で200℃に設定して揚げます。

【作り方4】

赤唐辛子はぬるま湯で戻してから種を取って輪切りにします。

Aとともに鍋に入れて火にかけ、ひと煮立ちさせて冷まします。

【作り方5】

熱いうちに骨を抜き、2と共に3に漬け込み、味をなじませて器に盛りつけます。

「秋刀魚の南蛮漬け」のコツ・ポイント

・グリルで焼いた野菜は旨みが凝縮してとてもおいしくなります。

・温度調節機能を使うと自動的に設定温度をキープしてくれるので火加減を気にせず揚げ物をすることができます。

・サンマにふる塩は、重量の1%を目安にしてください。

・サンマの骨を抜くときは油で揚げた後、頭のほうに向かってゆっくり骨を抜くと身を崩さずに取ることが出来ます。

ガスコンロ(グリルを含む)・ガスオーブン使用時のお願い

おわりに

デリシア調理イメージ

今回ご紹介したレシピは「ガスコンロ」(ピピッとコンロ)の便利機能などを活用した簡単レシピです。
 
自動で火加減を調整する揚げ物・焼き物に便利な「温度調節」機能や、ボタン一つでガス火炊きのご飯が炊き上がる「自動炊飯」機能。お湯が沸いたり、設定した時間になると消火する「湯わかし」や「コンロタイマー」機能など、「ガスコンロ」には調理をサポートする機能がたくさんあります。(※)
 
また、“魚を焼く”イメージの強い「グリル」ですが、実は肉や野菜料理、トーストやピザ、揚げもののあたため直しにも使える万能調理器です。
専用容器対応のグリルでは、手軽にオーブン料理も楽しめますよ。(※)
 
ガスコンロで「おいしい」をもっと簡単に! レパートリーをグンと増やしましょう!
(※)搭載機能や機能名は機種によって異なります。

SNSでこの記事をシェア
FacebookX(旧Twitter)LinenotePinterest

コピーされました

公開日:2016.9.30

最終更新日:2023.3.17

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
本記事の情報は記事公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
詳しくは、「サイトのご利用について」をご覧下さい。

広告)おうちの機器なら東京ガスの機器交換におまかせ!
広告)ウルトラ省エネブック

お気に入り追加

追加した記事は、お気に入り一覧でご確認いただけます。